資源ごみの分別でエコ生活をしよう

ゴミの分別回収はエコへの貢献と困難

地球にある資源は限りがあります。しかしながら新興国の台頭などで年々地球環境の悪化が叫ばれてきていているうえに、限りある資源がさらに無駄に使われようとしています。そんな無駄に使われる傾向にある地球の資源ですが、先進国では過去に無駄に使用してきた経験があるし、将来の資源の枯渇にある種の懸念を抱く人が少なからずいるので、限りある資源を無駄に使わないようにいろんなエコな模索がされてきています。その模索の1つがゴミの分別回収であります。これは燃えるごみ、燃えない資源ごみ、ビン、缶などいろんな種類に分類してゴミを回収しようという取組であります。これは昔から先進国では実施してきた取組ですが、その取り組みのために一部の資源はゴミにならずに再利用されて使われていることを我々はすでに知っています。その1つはビンであります。ビンの大半は回収されて再利用されて使われているのです。

しかしこのゴミの分別回収だけではエコに貢献するにはまだ飽き足りません。なぜならゴミが100パーセント再利用されていないからであります。従ってさらにそれを推し進めてさらなるエコな対策を地味ながら模索をする人たちがたくさんいます。たとえばペットボトルの再利用であります。そのペットボトルはプラスチックでできていて軽くて割れないのが特徴であります。そのために昔からあるビンに代わって主役になろうとしてきています。ドイツではリユースボトルとして使用されてきています。しかしながらこれはある意味において困難を伴うのでなかなか普及をしていないのです。それは1つは回収コストの問題であります。回収して洗浄するのに新規のペットボトルの製造よりもお金がかかってしまうのです。ついでに衛生上の問題を懸念する人たちがまだ多いということであります。この2つの問題をクリアしない限り普及がなかなか進まないのです。そのためには新規製造コストよりも再生コストのほうが安上がりになるような対策の模索と実現が求められるのであります。

多々あるサイトから抜粋した、厳選おすすめサイト