資源ごみの分別でエコ生活をしよう

塵を分別することで資源をエコできます

かつては家庭などから排出される塵は分別しないで塵袋のビニールに押し込んで、近所の回収場に持ち込めば業者が焼却場まで運び、燃やされていましたがリサイクル法が成立し現代に至っています。現代は資源別に塵を分別し、産業で再利用できるようにしています。資源を利用すれば将来はなくなるという確実性がありますので資源を保護しなければなりません。そのような事で近年はエコという耳慣れない言葉が多くなっている事に気付いている人が多いと思います。家庭から排出される塵は生ごみなどがありますが、その他に資源として再利用できる塵が中にありますので分別をすればメーカーが再利用できます。

現代で目にする物は再生紙などがあります。再生紙は年賀状でも利用していますが印刷するのに適した紙です。インクをはじかないで吸収するというメリットがあることから利用されています。カレンダーなどに使用する光った紙ではインクは馴染まないという欠点があることから現代のプリンタの使用にも適している事です。インクはカレンダー用からインターネットのプリンタに利用できる物がありますが、それぞれに使い分けて利用しています。家庭で利用するインクは顔料を原料にした物で作られています。

そのようにして家庭で使用する用紙について言いましたが産業では塵の中に貴重な資源を含んでいる物があります。その塵を焼却炉で燃やす必要はなく、取りだして再利用できる資源があります。そのために近年は塵の分別を各自冶体ごとにしています。